まぼろしのきのこ

おれのきのこをみてくれ それもまぼろし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恥部を大切に

10月29日
ふたりで
ジュンク堂池袋店の中原昌也と佐々木敦トークへ
P1090735.jpg
何故彼の愚痴はあんなにも輝いて聞こえるのか。
中原の新刊を買って、サインをしてもらう。
「ずいぶん単純な名前ですねぇーって、まぁ失礼なアレですけど・・・ハハハ」
「はぁ、すいません、ありがとうございます・・・」
「3番ですよ、これ、3番ですから!ハハ、まぁありがとうございます」
「ありがとうございます、頑張ってください!」

夜の鬼子母神へ。
ネコちゃんにカンヅメをやるも、あまり食べてくれない。
Sがカエルちゃんを発見。
P1090827.jpg
ネコちゃんのほうに投げたら、サッと咥えられてしまった、カエルちゃん。
ネコちゃんやカエルちゃんと遊んでいると、東京音楽大学の学生たちに、白い眼で見られまくる。ジョン・ケージが超のつくきのこフリークだってこと知らないのか!!恥部を大切にしろ!!

10月8日の野川公園で。
切り株上に。
P1090495.jpg
かなり大きい。台風の後で期待して探していたのだけれども、台風の影響でかなり傷んでいた。その前から生えていたようだ。

P1090500.jpg
名前は分からない。肉厚で、柄も中実。傘には鱗。かなり人目につくところにあったのだが、誰も関心が無いのか。

Y
12枚のアルバム
スポンサーサイト
  1. 2009/10/30(金) 14:44:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

少年よ、きのこを探せ

10月27日
ひとりで。
雨が降ったので少し探していました。
大学の図書館あたりの木の根元に。(又興奮して樹木の種類を確かめ忘れてしまった)

かなり痛んでいたが、割と新鮮だった。ハタケシメジ(キシメジ科)に似ている気もするが、傘の大きさが小さいような・・・ちなみにハタケシメジはホンシメジと酷似しているが、ホンシメジのほうは菌根菌であり、ハタケシメジは腐生菌である。あと、ホンシメジは柄の根元が膨らんで、傘の周縁部は反り返ったり、波打ったりしない。だから、これはホンシメジではないことは分かる。


僕は束生が好きです。

そういえば、10月21日に六本木で石井裕也監督『君と歩こう』を見ました。
東京国際映画祭の作品紹介のページに「あらすじ」があります。

[あらすじ]
ノリと勢いだけで駆け落ちした片田舎の冴えない天然草食系男子高校生ノリオと34歳独身肉食系英語女教師明美。駆け落ち成功! と東京に出てきてみたけれど…。アテもなくカネもないふたり。明美はエステ通い・ジム通いを装いカラオケ店でアルバイト。明美から弁護士になれと指示されたノリオは図書館通い。犬の糞の世話をノリオに迫るちょっとエッチなお姉さん、ノリオをプロ野球選手と信じて疑わない天涯孤独の少年、妊娠した駆け落ち志望の女子高校生…との心優しき孤独な人々との出逢いと試行錯誤のハチャメチャ東京生活。そんななか、明美のアルバイトがノリオに発覚。ノリオは明美の気持ちに理解しはじめ、ふたりの奇妙な関係に変化が生まれていく。


「ノリと勢いだけで駆け落ちした」とありますが、どうも僕にはそう思えない。確かに、明美とノリオは恐ろしくバカに描かれていて、この駆け落ちの説明は、「バカ」だからかもしれないが、違うからかもしれない。これまで、石井裕也監督作品は『剥き出しにっぽん』と『ばけもの模様』を見た。上の2作品同様、『君と歩こう』も女性が絶望を抱え込んでいる。
ノリオはただのバカである。でも真面目である。若くて、やさしいし、ひねくれてもいない。こういう人間はある種の人間にとって、とんでもなく輝いて見える。
明美はこの映画中に、ある告白をする。でもそれは明美の絶望の原因ではなくて、結果である。明美の絶望にはまだ「奥」があって、語られることはない。語られないことこそが、最も重大なことだし、監督は自分で考えろといっているのかもしれない。明美は、うまく踊れないし、「唾飛んでますけど!」と言う、そんな自分に甘く弱い女性。どうしようもない。
そんな女性にとって、ノリオはいい相手だ。自分よりバカで、何も考えていないように見える。だからノリオに「何も考えず」弁護士を目指させる。明らかに不可能だが、その不可能が無意味が明美にとっては救いである。何にも知らないノリオにとっては迷惑な話である。というのも、明美は自分が世界から見放されているため同じく世界から見放されているように見えしかも自分よりもバカであるから、そして自分が失ったものをまだもっているから、ノリオと駆け落ちしたのだ。人間と言うのは不思議なもので、決して語ることの出来ない絶望を持っているとき、それを誰にも語らないままでいることは苦しすぎるから、別な形でその絶望に自分からいそいそと近づいていくのである。
なんとも絶望的な話であるが、この話を笑ってすることが出来るのは、監督の優しさか?いや、この映画は文句なしに笑える。ここは大事。
でも、ラストシーンはどうだったか?
ノリオは少し成長して、又どこがで傷ついてきた明美は、そのノリオを見て、又一人自分の弱さを見ないですませることのできる相手を失わなかったか。怖-い映画でもあった。


痛んでいるのはダンゴムシが食い散らかしているからでした。ダンゴムシは3匹もいました。


21日、六本木で。

Y
  1. 2009/10/28(水) 00:19:43|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きのこのきはきぼうのき

10月21日
ふたりで
石井裕也くんの映画『君と歩こう』をみに。

その前に
国会図書館へ

第三水曜の休館日であった。ガックシ。するS

六本木まで歩くことに。国会の横を通りながら、Sはマーズ・アタックを持ち出して不穏なことを口走る。
意味はないだろう。意味のないことをやるのがいいのか?
今は恐慌真っ最中だし、この恐慌に出口はない。必要なものはあって、物はあまって、物を作りだすことの意味はもはやほとんど、ない。つまり世の中はすでに無意味ということ。だからそんな世の中で逸脱したって、困りはしない。でも意味はない。でも幸福感はあるかもしれない。

途中の日枝神社で。

おそらく基部が膨らんでいるところから見てもムラサキシメジ(キシメジ科)である。掃除でかき集められた落ち葉の上に数本あったのをSが発見した。すでに枯れていたが、肉厚で、柄も中実、兎に角紫という色は初めてで嬉しい。紫というのは中国(つまりアジア)では王を象徴するから、ありがたい気がする。神社に紫、ピッタリです。

で、時間があったので青山ブックセンターへ。
そこではナント・・・

「怪しく、艶かしい 菌の世界へご招待」!!きのこ特集、わかってらっしゃる。ここでは、特に南方熊楠に関する書籍が多く取り上げられていた。中沢新一、鶴見和子、水木しげる、熊楠の描いた菌類図鑑ナドナド。あときのこの図鑑は先輩に教えてもらったものがしっかり取り揃えがあり、担当者はきのこをやっているとしか思えない。

シネマート六本木へ。
映画の感想は、眠いので、次回!!

Y
  1. 2009/10/23(金) 00:15:39|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人は蕎麦より成りされど蕎麦に成り難し

SAY! 六本木~
       \ロッポンギ-/

とある用事でYと2人で六本木へ。人生二度目のちゃれんじ。
Yが腹が減ったというので富士そばでイソイソとコロッケそばとかきあげそばを食べる。
そこでふと思い出した。
TBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』でちょっと話題になった「いわもとQ」の事を。


いわもとQとは?

事の発端は”次の特集は何にするか企画プレゼンサマーウォーズ特集”という回。
その中で発表されたのが「いわもとQの事を悪く言う奴は俺がぶっ殺す特集」なる珍企画だった。

曰くいわもとQとはTBSラジオ(赤坂)の近くにある立ち食いそばのチェーン店。そして看板には謎のキャッチフレーズ”ありえない店を目指す店”

”ありえない店”を”目指す”とは何なのか?というかQって何?と皆半笑い感で通り過ぎていたが、ある日シャレ半分で入ってみたら、ありえない程うまい!!しかも値段が手ごろすぎる!!もりそば280円!天ぷらはオーダー入ってから揚げる!ほとんどが500円以下!!この値段でこのおいしさは有り得ない!!!下手な本格的蕎麦屋よりもうまい!!天ぷらもそばもうまい!

”目指す”とはまだまだ精進していくというのか、謙虚すぎる・・・”本当にありえない店を目指すんだ”という崇高な意思をうすら笑いで過ごそうとして本当すみませんでした!これから誰かがちょっとでもいわもとQの事を悪く言ったら俺がぶっ殺しときます!

ファストフードなのにおいしいってレベル?
バカてめえファストフードレベルじゃねえ!それじゃ有り得てるじゃねえか!
高級クラブのママさん達も通う、24時間営業のチェーン店なのにネットで全然情報がでてこない謎に包まれた立ち食いそば店 いわもとQ。まだ食べた事のないエリート達、食べてもいないのに看板で判断する奴らを叩き潰していく!という企画。



六本木から赤坂まですぐ近くだったので探していけばよかった!
赤坂、歌舞伎町、麹町に店舗があるらしい。是非いってみたいぜ!

参考:
構成作家せのちんのブログ「いわもとQ」
B級グルメ食べある記「歌舞伎町いわもとQ」

(S)
  1. 2009/10/22(木) 13:00:24|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんばんみ

東京スカイツリー建設中 9月19日


空のグラデーションの至るところの
白い要素が 昼間の明るさを映している
青い空が濃くなって
吸い込まれそうになって
今日もお疲れ様

Y
  1. 2009/10/21(水) 12:59:47|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

平成きのこブラザーズ

Author:平成きのこブラザーズ
『平成きのこブラザーズ』
-きのこの山(Y)- と -たけのこの里(S)- と-特派員(T)- の3人によるきのこ狩りの記録をクロニクル

USTREAMで稀に生放送

USTまぼろしのきのこ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
22101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
1746位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

きのこ (315)
日記 (59)
ねこ (4)
五七五トゥイーター(2012) (42)
五七五トゥイーター(2011) (108)
五七五トゥイーター(2010) (95)
コラム (7)
おかし (11)
my BUNGU (10)
今週のJUNK (12)
映画 (10)
グレイトジャーニー (1)

ブックマーク

最新トラックバック

なかのひと

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。