まぼろしのきのこ

おれのきのこをみてくれ それもまぼろし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いってみりゃ人生はきのこさ キリストの墓 in 青森

青森から帰宅。
21日の夜に出て、24日の朝戻る。共に夜行バスで。

22日は運が悪かった。
バスの出発が一時間遅れたので、八戸で目的のバスに乗れず。

時間があったので、うみねこラインで種差海岸へ。
あいにくの小雨。

悩むな!




いいところだった、が。時間の都合で。

滞在時間15分。

八戸に戻り、12時8分の南部バスに乗車。
地元のおっかさん同士の
「昔は人生50年、今は80年
昔はコンビニもクリーニング屋も無かった…」

という会話が沁みる。

終点の停留所「五戸駅」到着時は誰もいなくなっていた。バス代800円。メーターの上がり方が異常だった。
一分間での乗り換えに成功。ボロボロのバスに乗る。だれもいない。


終点「金ヶ沢」に到着。バス代690円。
ここから新郷村のキリストの墓まで歩くことに。

予定では、20分程度で着くはずだったのだが・・・


キリストの墓を目指して田舎道を歩く。ひたすら歩く。陽も出てきてご機嫌な散歩。ここに住みたくなった。


趣きのあるバス停


八戸出身の大物政治家。

途中、車に乗った家族から、「キリストの墓はこっちですか?」ときかれた。バカらしいことを一緒に出来る家族はいいなぁ。

一時間後
ついに・・・


今日はピラミッドには行けないが。こういう標識を見ると本当に感動する。

駐車場には車が数台。車でくる所であることを実感。それなりににぎわっている。特にカップルや子供連れが多い。若い男5人組も。にぎわいがうれしい。
ついにきた、青森県新郷村戸来なるキリストの墓!!


少し上るとここの土地所有者だった沢口家の墓がある。そこにきのこちゃん。



バスに乗る前、丸善日本橋店で購入した「山渓フィールドブックス きのこ」(先輩ありがとう)で調べよう。
→不明。ひだは疎。ヒナノヒガサに似ているけどなあ。
キシメジ科であることは間違いなさそう。

沢口家の墓あたりからの写真。階段を上がればキリストの墓。

右の案内。知らない人のために。昭和10年ころに竹内巨麿、酒井軍勝、鳥谷幡山らが「発見」し、後に昭和30年代に山根キクが有名にした。




手前が「十来塚」でキリストの墓、奥が「十代墓」で弟イスキリの墓。
藤原明『日本の偽書』には
「巨麿、野月の墓所館の二つの塚、ついで神屋敷の長方形の一段高い盛土を見て、それぞれに木標を建て「十来塚」「統来訪神」と記すよう村長に依頼。」(p65)
とあるが、どういうことなんだろうか。過程とリアリティが重要。


キリスト伝承館の前で記念撮影しとる!!

私もキリスト伝承館を見学。訪問ノートに「ここにキリストのはかがあるとはしりませんでした」みたいに書いてある。笑う。
しかし、絶対にバカにはできない。と感じた。いろんな人がいて、みんなバラバラで好き勝手なことを考えていて、出会って、衝突して、生まれる現実はバカにできない。



キリスト公園で。

キリストの墓でタクシーを呼ぶ。五戸まで4200円。
バスの時間まで時間があるので、五戸の立派な図書館へ。本当にすばらしい図書館。しかし俺はきのこを探しに。

アシナガタケ(キシメジ科)?不食。

えっ!

20~30本も群生してる!おおきい。


幼生。かわいい。ザラエノハラタケだとしたら、この外皮膜がツバになる。
(追記)外皮膜ではない。内皮膜である。幼生のころの外皮膜が、ツボとイボになり、ヒダを被っている内皮膜がツバになる!!!


ナカグロモリノカサかとおもったが、それなら柄は白いはず
→その後、図鑑で調べるとザラエノハラタケ(ザラ柄ノ原茸)ににている。
ハラタケ科ハラタケ属
「この属のきのこは同定困難なものが多い。」(p90)『山渓フィールドブックス きのこ』



傘の裏は肉色。つばもしっかりついている。
チャモエギダケにも似ているけどひだの色が違う。
結局分からなかった。


傘の表面の表現、「白地の地に、帯紫褐色(たいしかっしょく)の繊維状鱗片が密に覆う」


柄の中は変色していた。いくつか裂いてみたがどれも同じ。虫に食われている?


そして芝生の上に。コショウイグチ?イグチであることは間違いなさそうだが、自信なし。というか、図鑑に載ってないときはどうしたらいいのか。
アミタケ(イグチ科)にも似ている。でも、マツ林上に群生、とあるが、俺が見つけたのは芝生の上だった。色も少し違う。粘性も無かった。



傘の裏に管孔があるきのこははじめて。うれしい!!管孔はイグチ類やサルノコシカケ類に多くみられる。
さわったら、スポンジ状だった。




バス停「五戸駅」。おつかれさま。

八戸から青森へ。
よく寝て翌日は三内丸山遺跡と青森市内観光。








夜八時、バスに乗って、帰路へ。
Y
  1. 2009/09/24(木) 21:47:08|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<図鑑をみる | ホーム | デジ買メ ~ツンデレ完結編~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mykinoko.blog71.fc2.com/tb.php/13-bd3e009b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

平成きのこブラザーズ

Author:平成きのこブラザーズ
『平成きのこブラザーズ』
-きのこの山(Y)- と -たけのこの里(S)- と-特派員(T)- の3人によるきのこ狩りの記録をクロニクル

USTREAMで稀に生放送

USTまぼろしのきのこ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
19317位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
1539位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

きのこ (315)
日記 (59)
ねこ (4)
五七五トゥイーター(2012) (42)
五七五トゥイーター(2011) (108)
五七五トゥイーター(2010) (95)
コラム (7)
おかし (11)
my BUNGU (10)
今週のJUNK (12)
映画 (10)
グレイトジャーニー (1)

ブックマーク

最新トラックバック

なかのひと

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。