まぼろしのきのこ

おれのきのこをみてくれ それもまぼろし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FUNGI SPIRIT

以前先輩から勧めていただいた図鑑『山渓カラー図鑑 日本のきのこ』(山と渓谷社)を図書館で借りてきた。

その中のあとがきが良かったのでちょっと抜粋して紹介させていただく。


筆者の友人の菌学者は、学生時代に菌の分類学を専攻したいと教授に申し出たところ、菌を研究しても職にありつけないから断念しろ、といわれたという。日本の大学は明治以来、未だに菌学の講座をおかず、菌の専門学者を育てようとしなかった。基礎生物学の殿堂である国立大学がそうであるから、日本の菌学はずっと日の当たらぬところにおかれた。
生態系自然観に基づいて沈思黙考すると、日本の基礎生物学は菌学欠乏症に陥っていることに気付く。しかも重症である。何故ならば医者も患者もそのことに気付いていないからである。菌学はまさに貧学である。

この環境のもとで日本の菌を学んできた自分が、何故に心豊かでいられるか、その答えは生態系自然観である。その自然観に基づいて、日本を代表する自然である森林をきのこすなわち菌を通して学び、生態系自然において菌が分担する役割の偉大さを知った。かくして生態系の仕組みとそこで営まれる生物の生活を究めることの重要性を知ったからである。
そのことは生物の1種である人間、さらに日本の自然とともに生きる日本人として如何に生きるのが生物学的に自然の理にかなった生き方であるかについて、おぼろげながら学んだおかげであるといえよう。
生態系自然観を学び、菌は植物でも動物でもないいわば第3の生物であることを知ったからである。

<中略>

生物の出現は35億年前といわれるが、35億年の長い生命の歴史は、植物・動物・菌の共同生活によって築かれ、その長い歴史を通して生物は進化に進化を重ね、ついに人類は誕生した。人類が今日あるのは、35億年の生命の歴史のおかげであり、この歴史を築いた三つの生物群の一糸乱れぬ共同生活を続ける限り、人類の永遠?の繁栄も約束されるはずである。
いうまでもなく人は動物である。ただ、特別に発達した大脳は、人を生態系の支配者的地位に置いた。しかし大脳をのせる首から下の肉体は犬猫と変わらぬ生物であり、生態系を構成する動物界の1種である。従って人の生活は、生態系の底を流れる秩序ある生活の法則から一歩も外れることはできない。だから人が健全な生活を営むためには、人が所属する生態系の構造と仕組みとその秩序、いいかえれば生物の生活の法則を知らねばならない。
日本人ならば日本の生態系自然を徹底的に知らねばならない。それは日本の生物学界が何よりもなさねばならない重要な研究課題である。日本の生物学界は遺憾ながら菌学研究を怠ってきたために、この課題に対応する基礎固めに重大な欠陥を残している。
生態系における生物社会とは生命の集合体ではない。生活を営む生物体の集合体である。菌はその構成要素として、有機物を分解して無機物へ還元する役割を分担する。分解には死体分解と生体分解がある。前者は腐敗、後者は病気という現象として表現される。
特に後者では、病原菌は人の敵、農作物の敵と短絡的に考えられ、病気の生物学的意義が見失われる。病気は死とともにいっさいの生物が逃れられないもの、その本質的異議は生態系自然界に基づいて、菌を通して自然を究めることによってのみ学びとることができるといえよう。

 (今関六也)




この図鑑はカラーがキレイ、そして写真はなるべく原寸大に近づけたという手の込み様。さらにおいしさを3段階評価。おすすめの調理法なども。さらに毒キノコの中毒症状まで。
これは良い図鑑ですよ。


日本産きのこ推定種類数は4000とも5000ともいわれていて、本書といえども約4分の1~5分の1しか収録できていません。

だって。
(S)
  1. 2009/10/11(日) 22:02:53|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おかしオーバードーズ その4 | ホーム | きみの瞳は何色だ A.にび色>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mykinoko.blog71.fc2.com/tb.php/26-bfd3d4bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

平成きのこブラザーズ

Author:平成きのこブラザーズ
『平成きのこブラザーズ』
-きのこの山(Y)- と -たけのこの里(S)- と-特派員(T)- の3人によるきのこ狩りの記録をクロニクル

USTREAMで稀に生放送

USTまぼろしのきのこ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
21286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
1674位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

きのこ (315)
日記 (59)
ねこ (4)
五七五トゥイーター(2012) (42)
五七五トゥイーター(2011) (108)
五七五トゥイーター(2010) (95)
コラム (7)
おかし (11)
my BUNGU (10)
今週のJUNK (12)
映画 (10)
グレイトジャーニー (1)

ブックマーク

最新トラックバック

なかのひと

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。