まぼろしのきのこ

おれのきのこをみてくれ それもまぼろし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いってみりゃ人生はきのこさ in 茨城県磯原 part3

磯原は童謡作詞家の野口雨情の出身地でもある。
「シャボン玉」「赤い靴」「船頭小唄」とか。
近代日本を代表する作詞家。

雨情の生家もあったのだが、時間で入れず。
「野口雨情記念館」へ。
RIMG0674.jpg

小さい郷土資料館で、そもそもここは「北茨城市歴史民俗資料館」。
一階は雨情関係の展示。
あまり興味が無かったので、二階の「普通の歴史民俗資料館の展示」は勘弁だ、とは思ったものの
せっかくなので2階に。
そこには、野口雨情よりもよっぽど貴重な(僕にとって)展示がなされていた。

そう、「風船爆弾」のミニチュアである。
RIMG0685.jpg
実際はこの10倍の大きさだった。

風船爆弾とは?
Wikipediaを参照

風船爆弾(ふうせんばくだん)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)に於いて日本陸軍が用いた兵器である。「ふ号兵器」という秘匿名称で呼ばれていた。効果こそ僅少でほぼ無誘導であったものの、第二次世界大戦で用いられた兵器の到達距離としては最長であり、史上初めて大陸間を跨いで使用された兵器となった。

風船爆弾は、和紙で作られた気球に水素を詰め、大気高層のジェット気流に乗せてアメリカを攻撃しようとする兵器である。神奈川県の陸軍登戸研究所で開発された。満州事変後の昭和8年(1933年)頃から関東軍、陸軍によって研究され、昭和19年(1944年)から実用化した。当初は海軍もゴム引き絹製の気球を用いた対米攻撃を研究していたが、海軍の計画は途中で放棄され、機材と資料は陸軍に引き渡された。海軍式のゴム引き気球も少数実戦に使用されている。

当時、日本の高層気象台(現・つくば市)の台長だった大石和三郎らに発見されていたジェット気流(偏西風の流れ)を利用し、爆弾を気球に乗せ、日本本土から直接アメリカ本土空襲を行うもので、千葉県一ノ宮・茨城県大津・福島県勿来の各海岸から放球された。

気球の直径は約10m、総重量は200kg。兵装は15kg爆弾一発と5kg焼夷弾2発である。ジェット気流で安定的に米国本土に送るためには夜間の温度低下による気球が落ちるのが問題であった。これを解決する為、気圧計とバラストを連動させ運用して米本土へ飛ばした。兵装には少数ながらバリエーションがあり、爆弾を二発としたものや焼夷弾の性能を上げたものも発射された。また、爆弾の代わりに兵士2-3名を搭乗させる研究も行われた。昭和19年冬から20年春まで攻撃が実行されたが、戦況の悪化などの理由により、昭和20年冬の攻撃は計画されなかった。

生産個数はおよそ1万発。このうち9300発が放球された。アメリカ合衆国で確認されたのは361発であるが、未確認のものもあるため実数は不明である。1000発程度が到達したとする推計もある。アメリカ軍はレーダーを駆使して発見につとめたが、すべてを確認することはできなかった。風船爆弾が発見されると安全地帯上空で迎撃が試みられた。風船爆弾を撃墜するアメリカ軍戦闘機のガンカメラ映像がある(画像参照)。終戦時に残存していた700発は焼却処分された。

兵器の現物は国内に残存しないが、江戸東京博物館に5分の1模型があり、埼玉県平和資料館[4]に7分の1模型が展示されている。国立科学博物館に非公開ながら、重要部品の風船爆弾の気圧計が保管されている。アメリカのスミソニアン博物館の保管庫には気球部分が保管。気圧計及び爆弾部分の気球下部部分の実物は国立航空宇宙博物館に展示されている。

材質は楮製の和紙とコンニャク糊で、薄い和紙を5層にコンニャク糊で貼り合わせ、乾燥させた後に、風船の表面に苛性ソーダ液を塗ってコンニャク糊を強化し直径10mほどの和紙製の風船を作成。気球内には水素を充填した。

無誘導の兵器であったが、自動的に高度を維持する装置は必須であった。これにはアネロイド気圧計の原理を応用した高度保持装置が考案された。発射されると気球からは徐々に水素ガスが抜け、気球の高度は低下する。高度が低下すると気圧の変化で「空盒」と呼ばれる部品が縮み電熱線に電流が流される。バラスト嚢を吊している麻紐が焼き切られると、気球は軽くなりふたたび高度を上げた。これを50時間、約二昼夜くり返して落下するしくみであった。

当時、東京有楽町に存在した日本劇場(日劇、現在跡地は商業ビル「マリオン」となっている)でも製作されたという話はよく知られている。これは気球を天井から吊り下げて行う満球テスト(水素ガスを注入して漏洩を検査する)のために天井が高い建物が必要とされたためで、日劇の他、東京では東京宝塚劇場、有楽座、浅草国際劇場、両国国技館で、他にも毒ガスの製造施設があり機密性の高かった瀬戸内海の大久野島などでも製作が行われた。作業にあたったのは動員された女子学生であった。紙の扱いによって指紋が消えたというエピソードが残されている。製造中の事故により6名の死者を出している。

千葉の気球連隊が母体となり『ふ』号作戦気球部隊が編制された。

昭和19年9月編成。連隊長:井上茂大佐。連隊本部:茨城県大津。総員:約2千名。連隊本部のほか、通信隊、気象隊、材料廠を持ち、放球3個大隊で編制された。

第1大隊(3個中隊)茨城県大津(現在の北茨城市五浦海岸一帯)
第2大隊(2個中隊)千葉県一宮
第3大隊(2個中隊)福島県勿来
1個中隊は2個小隊で構成され、1個小隊は3個発射分隊(発射台各1)を持つ。

中隊人員は、将校12-13名、下士官22-23名、兵約190名。大隊には水素ガスの充填、焼夷弾・爆弾等の運搬・装備を担当する段列中隊1個があった。

千葉県一宮には試射隊が置かれた。試射隊はラジオゾンデ装備の観測気球を放球し気象条件を探った。ほかに気球の行方を追う標定隊があり、宮城県岩沼に本部を置いた。実際の標定所は青森県古間木、宮城県岩沼、千葉県一宮の3カ所に設置されたが、これでは不足であったのか、後に樺太標定所が設置された。

攻撃開始日は、昭和19年11月3日未明。3カ所の基地から同時に放球された。この日が選ばれたのは、明治天皇の誕生日(明治節)であったことと、統計的に晴れの日が多いとされたためであったが、実際には土砂降りの雨だったという。

風船爆弾によるアメリカ側の人的被害は、すでに作戦が終了していた1945年5月5日、オレゴン州で不発弾に触れたピクニック中の民間人6人(女性1人と子供5人)が爆死した例が確認されている唯一のものである。アメリカ国民は報道管制のため風船爆弾の存在を知らず、危険を察知できなかったために起こった事件である。これは第二次世界大戦中にアメリカ本土で日本軍の攻撃により死者がでた唯一の事例とされる。戦後、その報道を聞いた製造現場の元女学生は泣き崩れたという。

また、プルトニウム製造工場(ハンフォード工場、ワシントン州リッチランド)の送電線に引っかかり短い停電を引き起こした。これが原爆の製造を3日間遅らせたという説が伝えられているが、実際には工場は予備電源で運転されており、原爆の完成にほとんど影響はなかったという。焼夷弾は小規模な山火事を起こしたが、冬の山林は当然積雪で覆われていて火が燃え広がりづらく、特筆される大きな戦果をあげた記録はない。

ただし、風船爆弾による心理的効果は大きかった。アメリカ陸軍は、風船爆弾が生物兵器を搭載することを危惧していた。着地した不発弾を調査するにあたり、担当者は防毒マスクと防護服を着用している(実際に生物兵器を搭載する案があったが、昭和天皇の反対により搭載される事はなかった[要出典])。また、少人数の日本兵が風船に乗って米本土に潜入するという懸念を終戦まで払拭することはできなかった。風船爆弾対策のため、アメリカは大きな努力を強いられた。

一方でアメリカは厳重な報道管制を敷き、風船爆弾による被害を隠蔽した。これはアメリカ側の戦意維持のためと、日本側が戦果を確認できないようにするためであった。この報道管制は徹底したもので、戦争終結まで日本側では風船爆弾の効果はまったくわからなかった。



この大津は磯原からすぐ近くの海岸である。
昭和19年からはじまったこの作戦は、どうやら、「神風特攻隊」と並んで、神国日本の最終兵器と考えられていたようだ。
相手は、「原子爆弾」。
こっちは「風船爆弾」。まるで「原始爆弾」。
だって、材料は和紙だし、偏西風を利用するんです。よく考えたものです。

これを日本の最終兵器だと、「本気で」「真面目に」考えていた。
これで勝てると考えていた。
荒唐無稽、夜郎自大、誇大妄想。
この言葉、そのまま皇祖皇太神宮が奉ずる「竹内文献」にも当てはまる。

磯原にきてよかった。

資料館から海へ
RIMG0705.jpg
海のむこうはアメリカさんち。



シャボン玉飛んだ
屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで
こはれて消えた

シャボン玉消えた
飛ばずに消えた
産まれてすぐに
こはれて消えた

風、風、吹くな
シャボン玉飛ばそ



もしかして「シャボン玉」って、
風船爆弾と風船爆弾を考案した男たちの夢、そして手芸のように風船爆弾をせっせと製造した女たちの現実だったりして。

つづく

Y
  1. 2010/01/21(木) 00:02:06|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<いってみりゃ人生はきのこさ in 茨城県磯原 part4 | ホーム | いってみりゃ人生はきのこさ in 茨城県磯原 part2>>

コメント

ある日急に風船にのって爆弾が落ちてくるんだから怖いよ。どこから来たか判らないテロ行為。
相手の反撃もうけない。
長距離弾道ミサイルと言ってもいい。

しかし問題は命中率だな。

原子爆弾なんて世界No1級の天才しか開発できないんだから。

豆知識:クジラとイルカはクジラ目の生物。違いは大きさ。
  1. 2010/01/21(木) 13:55:14 |
  2. URL |
  3. S #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mykinoko.blog71.fc2.com/tb.php/90-068d7c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

プロフィール

平成きのこブラザーズ

Author:平成きのこブラザーズ
『平成きのこブラザーズ』
-きのこの山(Y)- と -たけのこの里(S)- と-特派員(T)- の3人によるきのこ狩りの記録をクロニクル

USTREAMで稀に生放送

USTまぼろしのきのこ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
13896位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
1196位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

きのこ (315)
日記 (59)
ねこ (4)
五七五トゥイーター(2012) (42)
五七五トゥイーター(2011) (108)
五七五トゥイーター(2010) (95)
コラム (7)
おかし (11)
my BUNGU (10)
今週のJUNK (12)
映画 (10)
グレイトジャーニー (1)

ブックマーク

最新トラックバック

なかのひと

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。